ノーインデックスのコード編集方法

 

noindexの設定をしてSEOを対策を!

失敗談を書いています。詳しくはこちらも合わせてお読みください!

 

このページでは、
noindexの実際の設定方法(やり方)を
まとめました。

 

 

ノーインデックスにするページはどんなの?

基本的に
不要なページを残しておくことはSEO的にも
よくありません。
しかし、どうしても残しておきたいけど・・・という
ページもありますよね。

 

私が実際にノーインデックスにしたページを
整理しました。

 

  • お問合せページ
  • 検索(サーチ)

 

個々によってどこを
ノーインデックスにするかは変わります。

 

 

新しいテンプレートを追加する方法(カスタマイズ)

オンラインストアの
「テーマ」→【アクション】>「コードを編集する」画面に
移動。

 

テンプレートを作成

 

「目的」のところで、選択をする。

 

テンプレートを作成2

 

コレクション(カテゴリー)の場合

テンプレート作成

 

目的:「collection」選択
名前:「no-index」と入力

 


「collection.no-index」というテンプレートが完成する。

 

▼中身の記載▼
【collection.liquid】内に記載されていた

{% section 'collection-page' %}

↑これを、コピペします。

 

noindex用の新テンプレートを作成します。

 

フリーページの場合

テンプレート作成

 

目的:「page」選択
名前:「no-index」と入力

 


「page.no-index」というテンプレートが完成する。
(中身はいじらなくてOK)

 

※「page」はフリーページ(空) ページ※

 

Liquidコード編集の方法(noindex設定)

形式が決まったテンプレート設定の場合

テンプレート(形式)が決められている場合は、
そのテンプレートを利用します。
例えば、「お問合せページ」。

 

しかし、失敗することも。
失敗した方法を細かく、説明してしまうと
混乱すると思いますので
簡単に載せておきます。

 

【※失敗例】↓↓

no-index設定(失敗した例)

 

「noindex」テンプレートを新規で作成したら

no-index設定(失敗した例)

 

ダブって表示されました。
◇この方法は却下!!!
シンプルなやり方が一番いい、と思ったので
そちら↓をご紹介!

 

noindex設定のシンプルな方法

オンラインストア→テーマ→「コードを編集する」クリック

 

  1. レイアウトファイル【theme.liquid】を選択
  2. < head >< /head >内にコード挿入
  3. 保存

 

【例】
*検索ページ(search)をnoindexする場合

 

{% if template contains 'search' %}
<meta name="robots" content="noindex">
{% endif %}

 

▼挿入するコードの意味
「search」というコードがあるテンプレートのものは、
noindex(インデックスしない)とする
【noindexはインデックスの拒否を指示】

 

赤字の箇所を対象テンプレート名に変えます。

 

noindex設定

ソース内にコードが表示されてあれば、
noindex対象ページとされる。

 

 

通常の空(カラ)のページをnoindexするテンプレート設定の場合

theme.liquid を編集。
< head >< /head >内にコード挿入

{% if template contains 'no-index' %}
<meta name="robots" content="noindex">
{% endif %}

 

▼挿入するコードの意味
「no-index」というコードがあるテンプレートのものは、
noindex(インデックスしない)とする
【noindexはインデックスの拒否を指示】

 

例えば、
カスタマイズでテンプレートを新規で追加。
そのテンプレート名を「abc-no-index」にした場合、
「no-index」というコードが含まれるので
「ドメイン/abc-no-index」のページは
インデックスされない!

 

 

特定のページをnoindexする設定の場合

テンプレートで設定するのではなく、
ズバリ!特定のページをnoindexに
指定する場合は「handle」を使う。

 

{% if handle contains '(page-handle-you-want-to-exclude)' %}
<meta name="robots" content="noindex">
{% endif %}

 

page-handle-you-want-to-exclude」を
正しいページハンドルに置き換えてください!

 

※インデックスしたくないページのpage-handleを指定※

 

ワードプレスをしている方には、
「ハンドル」=「パーマリンク」
と言った方がわかりやすいでしょうか。

 

shopifyの「ハンドル」とはサブディレクトリの部分。
URLが仮に
【https://exsample.com/hoge】の場合、
hoge の部分がハンドルに該当!

 

【例】
ドメイン aaa.com/bbb とする

 

ハンドル=「bbb」となります。

 

 

{% if handle contains 'bbb' %}
<meta name="robots" content="noindex">
{% endif %}

 

▼挿入するコードの意味
「bbb」というコードがあるページ
(aaa.com/bbb)は、
noindex(インデックスしない)とする

 

noindexのテンプレートを指定する方法

コードの編集・設定方法を解説しました。
それをどう使っていくのかをまとめます。

 

  • 商品登録
  • コレクション
  • ページ

これらを登録する際、
テーマテンプレートの設定をします。

 

noindex設定

 

ここで、
新しくテンプレートを追加したものを
選択します。

 

通常、

  • 「page」
  • 「collection」
  • 「page.contact」

などを選択します。

 

↓↓
そのページをnoindexにしたい場合、

  • 「page.no-index」
  • 「collection.no-index」

など
noindex対応したテンプレートに変えると

 

検索エンジンからページを隠すことが
できます。

 

 

Liquidコード編集のまとめ

テンプレート指定

{% if template contains 'no-index' %}

theme.liquidレイアウトファイルに
コードを入力することで
1回だけの指示で
「複数」ページに対応可能となります。

 

  1. A商品
  2. B商品
  3. C商品

 

すべての商品に「no-index」のテンプレートを指定すれば
3つのすべての商品に
noindex対応されます。

 

ハンドル指定

{% if handle contains 'bbb' %}

ページごとに指示するので
必要分入力します。

 

失敗談公開!noindexの設定・SEO対策の前にチェック

ノーインデックスの失敗談を書いています。
詳しくはこちらも合わせてお読みください!

 

こちらでも書いていますが、
ハンドル(パーマリンク)のスペルは
かぶらないように注意してくださいね!
関係のないページまで
noindexになってしまうことがあります!